カメラセレクター(選択ツール)

Alvium 1800 C

先進組込み用途の産業用MIPI CSI-2カメラ

Alvium MIPI CSI-2カメラは、小型で高性能な産業用カメラです。

高画質と幅広いセンサーバリエーションが魅力です。

詳細はこちら

Alvium 1800 C - 組込み用の高性能カメラモジュール

組込みシステム開発用マシンビジョンセンサー

高性能なAlvium 1800 C MIPI CSI-2カメラシリーズは、組込みシステム開発者向けに、マシンビジョン業界で人気の高いソニー社製の高性能イメージセンサーを搭載した製品をご提供します。これらのセンサーは、最大24.6メガピクセルの解像度を有しており、Alvium 1500 Cシリーズと比較して最大2倍のフレームレートと、優れた画質を実現します。

 

メリット一覧

Alvium 1800 Cは、小型で高性能な産業用カメラです。高画質と幅広いセンサーバリエーションが魅力です。

 

  • 最新鋭のセンサー:マシンビジョン業界で人気の高いソニー社製の高性能イメージセンサーを搭載。
  • オンボードISP機能:カメラ内で高度なイメージ画像補正を行うため、組込みボードの負荷を軽減。

  • 1つのドライバーですべてに対応:Alviumカメラを簡単にシステム統合し、別のモデルへの変更も容易に可能。

  • 優れた電源管理:低電力システム、さらにはバッテリー駆動システムも設計可能。

  • 高帯域幅:最大4レーンの強力なMIPI CSI-2インターフェースを使用。

  • イメージ画像再現品質:高精度なAlviumセンサーアライメントにより、レンズとセンサーの相乗効果を最大限に活用。

     

機能一覧

  • 解像度:最大24.6メガピクセル
  • センサー:ソニー製およびオン・セミコンダクター社製のCMOSグローバルシャッターセンサーおよびローリングシャッターセンサー。
  • フレームレート:毎秒最大499フレーム
  • ハウジングのオプション:ベアボード、オープンハウジング
  • レンズマウントのオプション:C マウント、CSマウント、Sマウント
  • イメージ画像の色:モノクロ、カラー
  • 波長帯:UVから短波赤外(SWIR)までをカバー

ALVIUMテクノロジーを搭載

ALVIUM®は、イメージ・シグナル・プロセッサ(ISP)と画像処理ライブラリ(IPL)などを備えた、当社独自の高性能でエネルギー効率に優れたプロセッサです。お客様のご用途に応じた、最適な画質とスループットを実現する為に、カメラ内でイメージ画像補正や前処理を行うことができ、組込みシステムのCPUに負荷をかけずに処理できます。

 

FPD Link III規格とGMSL2規格のAlviumカメラ

アライドビジョンでは、Alvium MIPI CSI-2規格カメラをベースに、FPD Link III規格やGMSL2規格に対応したAlviumカメラも提供しています。シリアライザチップを搭載した追加PCBにより、Alvium FP3およびGM2カメラは、最大15mというロングケーブルを実現します。すべてのカメラ機能を使用できるため、V4L2準拠の標準的なAlvium MIPI CSI-2規格カメラとまったく同様に機能します。さらに、組込みボードに接続するシリアライザ非搭載のアダプターボードもご利用可能です。また、当社のエコシステムパートナー製のシリアライザ非搭載のキャリアボードもご利用いただけます。

本カメラには、多様なハウジングのバリエーションをご利用いただけます。
オープンハウジング、クローズドハウジング、IP67準拠ハウジング。
オープンハウジングについては、お客様のご要望に応じて、形状変更のご要望もお受け致します。

詳細については、当社の専門家にお問い合わせください

 

 

あらゆる用途に応じた最適なアクセサリー

Alvium 1800 C カメラシリーズには、複数のアクセサリーを装着できます。対応レンズ、インターフェース、I/O接続、三脚アダプターについては、以下のボタンをクリックしてご確認ください。

 

アクセサリー一覧

高性能なソフトウェアでスムーズな接続

アライドビジョンでは、Alvium 1800 Cカメラをお客様のビジョンシステムで操作いただけるよう、以下のアクセスモードをご用意しています。

 

  • CSI-2用のGenICam規格機能によるアクセス
    Alvium CSI-2規格ドライバーとCSI-2規格トランスポート層 (TL) を直接使用して、GenICam規格の機能によってカメラを制御する方法です。

CSI-2規格ドライバーはGitHub上にてオープンソースで利用可能であり、様々なボードやシステム・オン・チップ (SoC) に対応します。

GitHubからソースをダウンロード

CSI-2用のGenICam規格機能によるアクセスについては、現在、NVIDIA Jetson AGX XavierおよびXavier NXで検証済みです(NanoおよびTX2 NXはベータ版が利用可能です)。
CSI-2 TLを備えたVimba X SDKをダウンロードしていただけます。

Vimbaのダウンロード

Alvium 1800 Cカメラモデルはすべて、CSI-2用のGenICam規格機能によるアクセスで制御可能です。Alvium 1800 C-500、Alvium 1800 C-507、Alvium 1800 C-511、Alvium 1800 C-1236、Alvium 1800 C-2050を皮切りに、CSI-2用のGenICam規格機能による使用について、今後も公式にテスト・検証するモデルを増加していく予定です。

 

  • ダイレクト・レジスタ・アクセス(DRA):
    レジスタでカメラを制御する、上級者向けの方法です。

Alvium制御レジスタについての詳細

 

  • Video4Linux2によるアクセス:
    以下を介して、カメラを制御できる方法です。
    • V4L2 API
    • アライドビジョン製V4L2 Viewer
    • GstreamerやOpenCVのようなフレームワーク

CSI-2規格ドライバーはGitHub上にてオープンソースで利用可能であり、様々なボードやシステム・オン・チップ (SoC) に対応します。

GitHubからソースをダウンロード