Vimba 2.1.3 - Allied Vision製カメラ用のSDK

Vimbaは、GigE Vision、FireWire(IEEE 1394)、USB3 Vision、Camera Linkインターフェイスを持つAllied Visionのすべてのカメラに利用でき、今後も継続的にサポートが行われていく、プラットフォームに依存しない弊社のSDKです。

特徴

  • NEW:NVIDIA® Jetson TX1用のARMv8 (64-bit)をサポート
  • NEW:Action Commandsをサポート
  • オペレーティングシステムに非依存
  • Linux ARMをサポート
  • C、C++、.NET用のAPI
  • GenICam規格に準拠
  • GenICamベースの他社製品がVimbaのTL(トランスポートレイヤー)に自動的に接続
  • VisionPro(バージョン6.0以降)用のCognexアダプタ
  • ビューワーを統合
  • Allied Vision製のすべてのカメラのライセンスが無料
  • 多くのサンプル

Take the Vimba Tour

Compatible cameras and operating systems

サポートされているカメラ:

  • Allied Vision GigE Visionカメラ
  • Allied Vision 1394カメラ(Windowsのみ)
  • Allied Vision USB3 Visionカメラ
  • Allied Vision Camera Linkカメラ(Windowsのみ)

オペレーティングシステム:

  • Windows
    Windows 7(32-bitおよび64-bit)、Windows 8.1(32-bitおよび64-bit)、Windows 10(32-bitおよび64-bit)
  • Linux
    Intelプロセッサと互換性のある32-bitおよび64-bit系とARMv7プロセッサ系の標準的なPC上で動作するLinux 現在のところ、LinuxではGigE VisionおよびUSB3 Visionのトランスポート層のみ利用可能です。試験時の構成:
    • Ubuntu version 14.04 LTS ”Trusty Tahr”
    • Debian version 6 “Squeeze”
    • Debian version 7 “Wheezy”
    • Fedora version 20 “Heisenbug”
  • Linux ARMv8 (64-bit)
    • Linux for Tegra R24.2.1 for Jetson TX1 SOM (System-On-Module)
  • OSXおよびQNX
    PvAPI(GigEカメラ用のみ)は移植されており、Vimba for OS XおよびQNXがリリースされるまでの間は継続してサポートされます。

Downloads

Windows用ダウンロード:
Vimba v2.1.3 Windows, Release Notes
Linux x86/x64用ダウンロード:
Vimba v2.1.3 Linux, Release Notes
Linux ARMv7用ダウンロード:
Vimba v2.1.3 ARM32, Release Notes
Linux ARMv8用ダウンロード:
Vimba v2.1.3 ARM64, Release Notes

 

他社製のソフトウェア製品

 

 

Allied Visionのカメラは多くの他社製のソフトウェア製品と併せて使用することもできます。